2009年02月20日

自民党について・その1

郵政選挙を例外として、
自民党の勢力は衰退の一途にある。

そして郵政選挙の一瞬の輝きの後、
野党に落ちるということを一足飛びに越えて、
党の存亡の危機といっても決して過言ではない状況に置かれている。

自民党がここまで崩壊しようとは、さすがに予想外である。
意思決定システムは作動しないし、
野党の政策について建設的な批判をするということもないし、
スキャンダルは噴出しすぎてもはやツッコミきれない。

ウソだと思われるかもしれないが、
ここまでの事態になったことを、私はそれほど喜んではいない。
本当である。

----

もしかしたら日本の政権交代というのは、
王朝の交代のようなものになるのかもしれない。
自民が潰れて民主、民主が潰れて■■、■■が潰れて○○、
というように、つねに1つの巨大政党が政権を担う、と。

もちろんそれはまだわからないが、
仮にそうなったとしたら私は困る、と言いたい。

多党制は二大政党制よりいいと書いたばかりだが、
二大政党制でも、少なくとも一党独裁よりはマシだ。


巨大化した民主党が分裂して「民主A」と「民主B」が
二大政党をなすということも可能性として考えられなくはないが、
今のところはおとぎ話に過ぎない。
小選挙区制において、大政党から飛び出すということはきわめて難しい。

新しい政党の出現という可能性もあるが、
それはもちろん自民党の再建よりも道のりが遠かろう。


なので、さしあたっては自民党再建の可能性を考えてみたい。

----

しかしその前に、
現状把握という意味で、野中尚人氏の議論を紹介する。

学習院大学の教授で、
著書に『自民党政治の終わり』という名著がある。
この本はおすすめしたい。

----

http://www.videonews.com/on-demand/0391391400/000794.php

 野中氏の言う自民党システムとは、族議員が多様な意見をボトムアップで吸い上げ政策に反映させる、高度に民主的な仕組みを含んでいた。また、政務調査会など党内に巨大な政策立案機能を抱え、国会に諮る前に族議員を中心に党内で丁寧な合意形成を行う点も、自民党システムの特徴だった。
 族議員が合意形成や意見集約に機能を果たす一方で、派閥が若い議員の面倒を見るとともに、政治教育の場を提供してきた。そして、派閥の幹部が説得することで党内での合意形成が可能となり、小選挙区制や消費税の導入など困難な法案を成立させることが可能だったと、野中氏は指摘する。また、一見、当選回数による派閥順送り人事のように見えて、実際はポストをめぐる熾烈な競争も裏で繰り広げられていた。
 ところが、小選挙区制の導入によって自民党システムの要だった派閥制度は崩れ、トップダウンの小泉改革で、ボトムアップの根回し型意志決定システムは、完全にその息の根を止められてしまった。冷戦構造が崩れ、日米同盟がもはや自明なものでなくなったことも、高度成長が終わり、自民党システムを使って配分する利益が消えてしまったことも、自民党システムをさらに弱体化させる原因になったと野中氏は指摘する。
 自民党システムが機能するための前提が崩れ、システム自体が崩壊した今、自民党がこの先も長期にわたって政権政党の座にとどまり続けることは困難だろうと、野中氏は予想する。また、もし仮に自民党が政権にとどまることになったとすれば、それは党名は自民党のままでも、実質的な中身は、これまでの自民党とは全く違ったものになっているはずだとも言う。
 しかし、もし仮に野中氏の言うように、自民党システムが機能しなくなっているとしても、それを全否定することには注意が必要だろう。その中には、日本が時間をかけて培ってきた普遍的な資産が含まれている可能性も十分にある。一旦これを失えば、次に政権の座につく勢力は、ゼロからすべてを再構築しなければならなくなる。

----

私の意見も加味し簡単にまとめる。

「自民党政治終焉」の構造的な要因
・冷戦の終結→野党に政権を託すことが可能に
・高度経済成長の終焉→利益誘導政治が困難化
・中選挙区制の終焉→政権交代可能な制度に+派閥の弱体化
・派閥の弱体化→人材育成、政策立案、利益誘導システムが弱体化

小泉政権がもたらしたもの
・「小泉改革」→郵政はじめ支持母体の切捨て
・「官邸主導」→自民党のボトムアップ的意思決定システムを破壊
・格差社会の招来→「国民全体」の利益を包括する政党であることを放棄


なお私は、
派閥や族議員など「自民党システム」と呼ばれるものが、
政治の腐敗、税金の無駄遣い、利権の発生などを
もたらしてきたことは無視しようというものではない。

そういった面に対しては批判をおろそかにしてはならない。

そういう負の側面がある一方で、
ともかくも自民党が政権を維持し、
戦後日本を支配する原動力になったことは事実であろう、
と言うまでのことである。

----

続きはまた今度。

----

人気ブログランキング
クリックによる声援をいつも送っていただき、ありがとうございます。


posted by socialist at 13:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なお本論には余分のことになるが、
小沢民主党はかなりの部分、
「自民党システム」というものを継承しているようにも見える。
いまの自民党以上に自民党的であるといってもいい。

派閥はないが、議員が各々の専門分野を持ち、
各政策分野の部門会議というもので政策の立案を行っている。

そこでの議論が、ボトムアップ的に党の方針に反映されている。

イデオロギーに拘泥せず、
日々の暮らし向きに一義的な関心のある層の国民を、
かなり意識して取り込んでいることも、
かつての「包括政党」自民党を思わせる。

ただ経済成長の時代ではないため、
かつての自民党のようなイケイケの利益誘導を行う金はない。
そこで、行政のムダを省いたり、
道路に使うお金を減らしたりするということになるのである。
もはや、ゼロサム的な考え方をせざるを得なくなってきたわけだ。
Posted by Socialist at 2009年02月20日 13:32
ファンになっちゃいました。価格比較に関するサイトを運営していますので、よかったらいらしてください。
Posted by のぞみ at 2009年02月26日 14:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。