2009年02月21日

共産党のデイ・アフター・トゥモロー、それと選挙制度

「ネーダー効果」という言葉がある。

これはアメリカ大統領選挙に毎回出馬している、
ラルフ・ネーダーという人物からとられた言葉である。


皆さんご承知のように、
アメリカの政治は強固な二大政党制であり、
共和党と民主党以外はほとんど影響力を持たない。

従ってラルフ・ネーダーが無所属で大統領選挙に出馬しても、
まったく当選する見込みはない。

ネーダーは当選可能性を度外視で選挙に出ている。
このこと自体は決して責められることではないだろう。

ところが、である。
ネーダーの政治スタンスとしては左派よりで、
どちらかといえば、共和党よりは明らかに民主党に近い。

従って、民主党に入れるはずの中道左派ないし左翼の有権者の票が、
ネーダーと民主党候補の間で分散してしまう。

そうなると、結局のところ
ネーダーが最も嫌いな共和党を助けることになってしまう、
というのが「ネーダー効果」である。

----

日本でもまったく同じような構図が発生している。

日本共産党である。


日本共産党にはラルフ・ネーダー以上の勢力があるが、
基本的に、小選挙区で議席を取るだけの力はない。

ところが日本共産党は候補を立てる。
これは実質上、自民党を助けている。

共産党がいなければ、共産党に投票するはずだった有権者が、
民主党に流れる可能性がそれなりにある。

これは「ネーダー効果」と同じ状況であって、
共産党支持層がもっとも嫌いなはずの自民党を間接的にアシストしている。


しかし、簡単に「馬鹿だなあ」と言うなかれ。

公式的な共産党の立場としては、やはり自民も民主も駄目なのである。
自民より民主のほうがマシだろうと思っているのは、
実は、民主党支持者の勝手な議論なのかもしれない。


また、日本の選挙には特殊事情がある。
小選挙区と比例代表が並立していて、同時に投票が行われる。

「共産党の候補が出ているから」選挙に行こうと思った共産党シンパ。
共産党の候補の演説を聞いて、あ、この人いいなと思った無党派。

共産党が出ていなければ棄権したか、他党に流れていたはずの人々だ。

この人たちは、小選挙区で共産党候補の名前を書く。
この候補は落ちてしまい、投票は死票になる。意味がない。

しかし、比例代表の方にも、恐らく「共産党」と書いてくれるはずだ。
これは死票になるとは限らない。
共産党は、衆議院で自身が得る、約9議席のすべてを比例代表で得ている。

要するに、比例代表の票を掘り起こすために、
小選挙区に候補を立てるインセンティブがあるのである。

----

しかし、選挙にはお金がかかる。

とくに、「供託金」はでかい。

これは冷やかしで適当な奴がどんどん立候補するのを防ぐための制度で、
あらかじめ選挙管理委員会にお金を預けておき、
あまりにも得票率が少なすぎるとき、それが没収されてしまうというものだ。


共産党としては、もうお金もあまりないので、
供託金が没収されてしまいそうなほど勢力が弱いところには、
もう候補者を立てないことにした。

これで大喜びしたのが民主党陣営で、
危機感を抱いたのが自民党陣営であるから、
今まで明らかに「ネーダー効果」は発生していたのだといえるだろう。

----

自民党・公明党は策略を練ってきた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080619/stt0806190046000-n1.htm

供託金が没収されてしまうハードルを下げて、
どんどん共産党に候補を立ててもらって、
左派・リベラル層の票を分散させてしまおうという寸法だ。

あからさまな党利党略だが、戦略としては間違っていない。

もっとも共産党はその手に乗らず、
候補を増やすという方針にはならなかった。

それで、この話は立ち消えとなった。
自民党・公明党の無節操さにはあきれる。

----

結局、「自民、民主、共産」の3候補が出るパターンでは、
共産党支持層はよく考えないといけない。

何が何でも共産党に入れるのか、
「自民よりマシ」な民主党に、泣く泣く入れるのか。

仮に民主党に入れたら、そういうのを政治学では「戦略的投票」という。

----

しかし、なんで有権者は、一番気に入る政党に入れられないのか。
選挙制度を工夫すれば、もっと心置きなく投票できるのではないか?

たとえばフランスの大統領選挙は少し工夫している。

過半数を取る候補がない場合、上位2名で決選投票を行う。

こうすれば、決選投票にはほとんど確実に、
右派の国民運動連合と、左派のフランス社会党が残るので、
第1回は心置きなく好きな政党に入れることができる。

もっとも2002年の選挙では、
http://ja.wikipedia.org/wiki/2002%E5%B9%B4%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E9%81%B8%E6%8C%99

このように決選投票にフランス社会党ではなく、
極右政党、国民戦線のルペンが残ってしまっている。

5位以降の「労働者の闘争」、「市民運動」、「緑の党」、
「革命的共産主義者同盟」など、左派が分裂しすぎだ。

そのあたりが少しでもフランス社会党に票を流していれば、
どうみてもルペンには勝っていたはずだ。

この選挙制度も、完璧ではない。

何より日本で、国会の選挙で二回も投票をやる余裕もなかなかなかろう。

----

もっと楽そうなのは、
好きな候補順に、優先順位を書いてもらう投票方式だ。

この方式の総称を「選好投票」という。

例えばだが、一番好きな候補から一番嫌いな候補まで、全部書いてもらう。

で、共産党が落ちたとしても、
仮に共産党に入れた人が「1.共産 2.社民 3.民主 4.自民 5.公明」と書いていれば、
それを考慮する。

その考慮の仕方は、いろいろ方式があるがややこしいので省略する。
もちろん、ややこしいこと自体が欠点である。投票も面倒だし。

----

さらによいといわれるのが、
アマゾンのレビューなどで、星1つから5つまでの点をつけるように、
候補者に点数をつけてその平均で争う「範囲投票」である。

これなら、基本的には票割れ等々の問題は起こらないし、
民意を比較的正確に反映する。

----

私はどちらにしろ比例代表制がよいと思うからなんなのだが、

ともあれ、少なくとも今の小選挙区制度というものは、
必ずしも民意をうまく反映しないんじゃないだろうか。


フランス大統領選挙、選考投票、範囲投票など、
参考にしてみてもよいのではないかとは個人的には思う。

範囲投票は新しすぎるアイデアであり、
公職選挙で採用されたという話はまだ聞かないが・・・

----

とはいえ、当分は確実に今のままの選挙制度が続いていくわけで、
共産党支持層はどういう風に振舞うか、思案のしどころである。


共産党支持層にとって、民主党が必ずしも自民党よりいいか、
というと別にそんなことはまったく確かな話ではないのである。

民主党はいうまでもなく、自由主義経済の推進政党であるのだから。


ただ共産党支持層にも、一般党員のレベルでは、
民主党政権に期待する声もあるようである。

ひとつは「自民よりマシ」論であり、
もうひとつは、「次の次」論である。

いったん民主党に政権を作らせ、
その民主党政権をもまた批判する。

「自民も駄目、民主も駄目」ということになれば、
「左からの政権批判」の受け皿は、いよいよ共産党ということになる。

これはなかなか面白い話で、
共産党が伸びるとすればそれが一番現実的なシナリオではないか。

もっともそれは民主党政権が失政をして
厳しい批判に立たされているという状況であって、
私にとってはそれほど愉快な未来図でもないが。

----

共産党についてはいろいろ論じてみたいこともあるが、
それはまた別の機会に譲る。

----

選挙制度については、
『投票のパラドクス』という本がたいへん面白い。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791764153/

----

人気ブログランキング
クリックによる声援をいつも送っていただき、ありがとうございます。


posted by socialist at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。