2009年03月03日

拉致被害者をカネで買う

「拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。カネをいっぱい持っていき、『何人かください』って言うしかないだろ」

と、小沢一郎が発言したらしい。産経新聞がそう報じた。


私はそれを聞いて、
まさにその通りだ、と膝を打ったのだが、
私のような反応をする人々だけではなく、波紋を呼んでいる。

カネプラス土下座、これ以外でどうやって取り戻してくるのか、
私にはまったく思いつかないのだが。

ただマスメディアに載ってしまうところで、
こんな言い方をしてはいけない。
国民感情を刺激しない、もっとうまい方法があるだろうに。


そういうことをつらつら考えていたのだが、
どうもその発言があったのかどうか、疑いが出てきた。

詳しくは、「低気温のエクスタシー」を参照されたい。
ウソであったとなれば産経新聞の責任が問われるが・・・
http://alcyone.seesaa.net/article/115069876.html

----

人気ブログランキング
クリックによる声援をいつも送っていただき、ありがとうございます。
posted by socialist at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。