2009年03月05日

引き続き、小沢秘書逮捕の一件

激震から二夜明け、早くも政局の基本的な構図は見えつつある。

植草氏に加え天木直人氏宮崎信行氏等数々のブロガーが、
検察不信の方向性を明らかにしている。
政権交代支持派は誰しも小沢と一蓮托生、それが二大政党制である。


さて、国策捜査なのか検察の暴走なのかそのどちらでもないのか、
ひとまずそれは分からないが、少なくとも今のところ、
一般メディアでも「検察=100%善」という報道はあまりされていないように思われる。

それは検察にとって誤算、小沢および民主党にとっては僥倖であるといえよう。


今後、当面の焦点は、
大久保秘書または小沢の主張を決定的に崩す証拠が見つかるか、
ということになるだろう。

いま、小沢側から西松建設向けに「請求書」が出されていたとの報道があるが、
私はこれはにわかには信じがたいように思われる。
政治献金をもらう時に請求書を出すなど聞いたことはないし、
小沢の秘書ともあろう者が、犯罪の証拠をわざわざ好き好んで残すものだろうか。


いずれにせよ決定的な証拠が上がるか、大久保秘書が犯罪を認めれば、
小沢辞任のうえ、民主党は危機に追いやられることになる。
その場合世論の動向と党の結束がどうなるかということがポイントになるだろう。



逆に証拠が上がらず、このままの情勢でダラダラと経過することになれば、
小沢と民主党は危機を脱することになると言っていいだろう。
それと同時に、無実の罪で小沢だけを狙い撃ちした検察への不信は増大する。

ただ当分の間、検察から色々な情報がマスコミに流されたり、
捜査の進展具合が逐一報じられたりするだろう。
そのたびに小沢のイメージが低下することは避けられないが、
これは徹底抗戦の路線を選択した以上、やむを得ないことであろう。

それへの対処としては鳩山幹事長あたりが、
検察の捜査の不当性を声高らかに糾弾し続けるしかない。
まあ大政党の幹部の行動としては、一般人に対して印象のよいことではなかろうが、
事ここに至ってはやむを得ないであろう。
ただもちろん「小沢がクロであった場合」のリスクも大きい。


私は今のところ、これはちょっと検察の勇み足で、
一気に秘書を逮捕できるほどのケースではなかったのではないか、
という気がするが、まあ確かなことは何も言えない。

確かなことは、もう民主党はAll or Nothingの境地に踏み込んでいるということだ。



もうひとつの焦点は、検察が「バランス」をとって、
自民党議員の方に捜査の手を伸ばすかどうか、ということだろう。

とは言っても、政局への影響としては、
自民党の誰であっても小沢とはつりあわないが・・・

----

人気ブログランキング
クリックによる声援をいつも送っていただき、ありがとうございます。
posted by socialist at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。