2009年04月21日

永田町の現在を見渡して

4月中旬に入り、事情によりしばらく多忙となったために、
ブログの更新に間が空いてしまった。

これからはそれなりの頻度で更新できるかと思う。


政局についてはいま特筆すべきことはない。

民主党の牧議員に疑惑が持ち上がっており、
これも自民党の二階氏などを差し置いて取り上げることかと疑念を抱かされるが、
牧氏の案件については広く世論の注目を集め、影響を及ぼしているとはいえない。

最近野党が推す候補が知事選で敗れることが続いていて残念である。
また、森田健作千葉県知事の醜態には呆れかえるばかりだが、
これらも、国政にはさしたる影響はないだろう。


二階氏の案件については捜査が打ち切られたようだが、強い不公平感を抱かざるを得ない。
ただそのせいでというべきか、小沢氏の西松問題も、朝日新聞等のメディアの煽りにも関わらず、
話題としては有権者に飽きられ始めているのではないかと思う。

小沢氏は結局辞任しなかったが、選挙に突入しても勝算はあると私は思っている。

もっとも、西松案件についてのメディア対策において、民主党は無為無策となってしまい、
やや長期にわたって出血を止められなかった、という感はあるが。

選挙時期の予想としては、未だに以前のエントリで述べた構図が変わっておらず、
任期満了もしくはそれに近い時期となる可能性が高いのではないかと考える。


それにしても、色々な話題に流され、
かんぽの宿等の重要案件が忘れられてしまっていることには憤りを感じている。

----

人気ブログランキング
クリックによる声援をいつも送っていただき、ありがとうございます。
posted by socialist at 23:09 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117880893
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。