2009年06月25日

今さら党首討論から色々と考える

昨日のブログを書いてより一日。
報道によれば、東国原氏は、総裁はともかく出馬への意欲はあるようである。

であれば、自民党に喧嘩を売るようなことはしない方が得策だと思う。
話題作りというか、自己顕示のためであったのだろうが。

いずれにせよ単純な読み間違いであり、恥ずかしいばかりである。
非合理的な行動というのは、なかなか理解しづらい。


それにしても、タレント知事にここまでコケにされて、
古くからの自民党を知るものとしては、返す返すも悲しい。

----

読み間違いついでだが、
鳩山民主党の人気についても、いささか予測を外した。

これほど人気が出るとは思わなかったが、結果オーライであろう。
このまま行けば、政権交代は疑いのないところである。


むしろ今は、自民党が壊滅してしまい、
政権をうかがう野党が存在しなくなってしまうことが心配である。

また、そのような状況になっては、
民主党にとっては、社民党およびその政策に配慮をする必要もなくなってしまう。
それはあまり愉快な未来図ではない。


ただいずれにせよ、政局の一寸先は闇であり、油断してはならない。

西松事件の一連の動きを見ればわかるように、
スキャンダル攻勢、裏取引、あらゆる可能性がある。

何度も繰り返すことになるが、強調しておきたい。

それに対抗しうるのは、徹底的なドブ板の選挙活動により、
世論の「風」に耐えうる支持を築くことだけである。

----

さて、何にせよ今は民主党に有利な状況である。

そのような中で行われた党首討論であるが、
麻生首相は、討論の技術以前に、攻め手を持ちえていない気がする。


まず、アジェンダセッティングが絶望的に誤っている。

国民の関心事がなんであるか、勘違いしている政治家が少なくない。

こちらの世論調査を参考にすると、
http://www.fnn-news.com/archives/yoron/inquiry090622.html

Q5. 次の衆議院選挙の争点として、あなたが最も重視するのは、次のうちどれですか。次の中から1つだけお知らせください。
政権交代 20.4
地球温暖化対策 3.1
医療・年金などの社会保障 31.7
北朝鮮問題などの安全保障 5.5
消費税などの財源問題 6.5
景気対策 21.2
行政改革 5.5
政策の実現性 4.7
わからない・言えない 1.4


国民の関心事はこのようになる。


だが、麻生首相は、
第一回の党首討論では「国民の最大の関心事は西松問題」と述べてひんしゅくを買った。
第二回では、とってつけたように朝鮮半島問題や小沢氏の第七艦隊発言に触れ、これまた失笑を買った。

財源問題で民主党を攻撃したことは、それよりはいくぶん筋が良いとは言える。

ただ、麻生首相は状況を十分に把握していない。
自民党は劣勢なのである。インパクトのある討論で、逆転ホームランを狙わなければいけない。

細かい数字の話をしては、せいぜい「引き分け」にしかならない。
そして、討論の「引き分け」はそれ即ち総選挙の「負け」を意味する。

また、財源論はこれまでに意見が出尽くしており、
結局のところ、両党、どちらが信頼度と期待度があるかの勝負にならざるをえない。
そして、自民党の方が支持率が悪いということは、
信頼度勝負を仕掛けても分が悪いということであると知るべきであった。


一方、民主党鳩山代表は、
第一回は「友愛」という言葉を繰り返し、分かりにくさは否めなかった。

ただ、第二回はそれを引っ込め、国民の関心の高い社会保障分野でしっかりアピールした。
この戦略は正しい。
議論は事実に基づいており、「お涙ちょうだい」であるとの批判は的外れであろう。
また、よしんば「お涙ちょうだい」であったとしても、国民の感情を煽れることは政治家の資質である。


今後、討論を繰り返すとしても麻生首相は厳しい。
戦略の練り直しが必要であろう。

社会保障、景気対策あたりのアジェンダで、アピールすべきである。
おそらく不可能であろうが、自民党は、それらの分野で少しでもよい政策を考えていかなければ、
党首討論で負けを重ねていくことになるであろう。

----

そもそも、与党は自らの実績をアピールしなければいけない。
与党が野党に対してネガティブキャンペーンを繰り返すのは、みっともないことこの上もない。

本来であれば、十数兆をつぎ込んだバラマキ予算が、いかに素晴らしいかアピールすべきであったろう。

まあ、あの予算は政権交代後、民社国政権にカネを残さないという「焦土作戦」の性格が強かったのだと思うが、
それにしても、その十数兆を、人気のとれることにつぎ込んでいれば、
政策として良いかはともかく、政局には有利になったであろう。

それをせず、景気対策の点でも社会保障の点でもアピール度の弱い諸施策を打ってしまった。
「出まかせ」の印象の強いエコポイント、悪名高きマンガの殿堂。
マンガの殿堂と同額を費やせば維持できたはずの母子加算を打ち切ってしまうという判断。

バラマキをやって支持率が下がるというのは前代未聞であって、このような所に自民党の末期症状を見る。

----

人気ブログランキング
クリックによる声援をいつも送っていただき、ありがとうございます。
posted by socialist at 05:08 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。