2009年07月04日

組織として

自民離党「まだ、ない」中川秀直氏 独自公約で衆院選も - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090702/stt0907022345022-n1.htm

自民党の支持は崩壊しつつあり、
もはや個人で頑張るしかない、というのはわかる。

しかし、政治というのは基本的にはチームプレーである。
もちろん無所属で頑張って立派な活動をされている方はいるが。

それにしても、特定の党にいながら自分勝手な公約を出す、
自民党の政策と異なるものを公然と提示して戦う、
というのは政党政治の理念からしてちょっといただけない。

東国原騒動といい、「麻生おろし」の動きといい、
党のためではなくて自分のために行動している人が自民党には多すぎる。


組織というのは苦しい時こそ団結せねばならないのではないか。
このようなことでは、自民党が下野したとき、野党として切磋琢磨する前に
四分五裂することになってしまってもおかしくない。

----

人気ブログランキング
クリックによる声援をいつも送っていただき、ありがとうございます。
posted by socialist at 01:23 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。