2009年07月06日

静岡県知事選挙、民主党、社民党、国民新党推薦の川勝平太氏が当選

静岡県知事に民主推薦の川勝氏 
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009070690002536.html

 前知事の辞職に伴う静岡県知事選は5日投開票され、無所属新人で前静岡文化芸術大学長の川勝平太氏(60)=民主、社民、国民新推薦=が、無所属で前自民党参院議員の坂本由紀子(60)=自民、公明推薦=、無所属で元民主党参院議員の海野徹(60)、共産党公認で党県委員会常任委員の平野定義(59)の新人3氏を破り初当選した。

 民主党は名古屋、さいたま、千葉の政令市長選に続き、主要地方選4連勝し、東京都議選(12日投開票)や政権交代への大きな弾みとなった。麻生内閣は「衆院選の前哨戦」と位置付けられた選挙に敗れ、さらに苦しい政権運営を迫られることになりそうだ。

 同県での新知事誕生は4期16年ぶりで、国会議員や官僚出身でない民間人の当選は戦後初。投票率は61・05%で、前回の44・49%を16・56ポイント上回った。

 川勝氏は、出馬表明が告示の約2週間前と出遅れたが、民主党を前面に出す戦略が功を奏し、都市部を中心に支持を急速に拡大。鳩山由紀夫代表や岡田克也幹事長らが県内入りし、無党派層を取り込んだ。

 坂本氏は、自民党への逆風から政党色を出さず、副知事の経験や初の女性知事の意義を訴えた。麻生太郎首相は来県せず、女性閣僚や石川嘉延前知事が前面に立ったが、一歩及ばなかった。

----

どちらかというと自民党が強い土地柄で、
しかも民主党陣営が川勝氏と海野氏に分裂し、
さらに共産党も独自の候補を立てたにも関わらず、
このような結果になったことは驚くに値する。

また、たいへん高い投票率。

いかに、自民党公明党への反感、不信、失望が大きいかということが伺える。

それと同時に、都議選、総選挙に対しても民主党は勢いをつけることになったであろう。

マスコミが鳩山氏のいわゆる「故人献金」問題が影響したと
書き立てることは必定であったから、それを防いだ意義も大きい。

麻生氏の立場も危ういものになっていくであろう。

----

さはさりながら、
川勝氏は安倍晋三氏などとも考えが近い右派系、
それも、かなりエキセントリックな部類の人物である。

この様な人間でも、野党が分裂しても、
民主党推薦の看板さえあれば通ってしまう。

それだけ政権交代への期待、自公政権へのフラストレーションが高まっているからだが、
問題のある政治家が続々生まれてくるようでは困るし、
与野党の勢力が均衡しないのも困る。


あまりにも最近の自民党が酷過ぎることで、
さまざまな弊害が生まれてくることを心配している。

----

人気ブログランキング
クリックによる声援をいつも送っていただき、ありがとうございます。
posted by socialist at 00:57 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122890372
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。