2009年07月11日

財源論の不毛

山井和則メールマガジンからほぼ全文を引用する。
http://archive.mag2.com/0000027832/index.html

ぜひお読み頂きたい。

----

あしなが育英会の学生との出会い
〜「アニメの殿堂」が、施設内容、事業、規模をHPでアイデア募集〜


 メルマガ読者の皆さん、こんにちは。
 明後日は都議選の投票日。

 来週には、民主党が内閣不信任案を国会提出を検討。
 麻生総理も都議選の結果次第では、退陣の可能性もあり。
 どちらにしても1、2ヶ月の間には選挙があります。

 いよいよ政治を国民の手に取り戻すときです。
東京中心の政治を地方中心に。
霞ヶ関中心の政治を市町村中心に。

ハコモノへの投資でなく、ヒトへの投資に。
政治の優先順位を変えるのが政権交代です。

 さて、一昨日、藤村修議員の紹介で、
あしなが育成会の学生の方々70人に講演する機会がありました。
親と死別した学生の方々です。

あしなが奨学金をもらい、
非常に苦しい生活の中で大学に通っておられます。

 講演をさせて頂きましたが、
逆に、貧しいあしなが育成会の学生のために、
政治は何をできているのか? ということを、
逆に私は自問自答させられました。

不況が深刻化し、高校や大学に何とか入学できても
家庭の事情で中退せざるを得ない若者も増えています。

そんな中で、あしなが育成会の学生は
必死に勉学に励んでおられます。
貧困からの脱出には、教育しかありません。

 藤村修議員は、大学卒業後、
一般企業に就職が内定していましたが、
あしなが育英会の運動を知り、内定企業への就職をやめて、
あしなが育英会の事務局に就職。

その後、日本新党から衆議院議員に当選され、
今は当選五回です。
そして、民主党の文部科学部門のリーダーです。

 その藤村議員が、心血を注いで、
民主党の選挙公約マニフェストに今回、盛り込んだのが
「高校授業料の原則、無料化」です。

これを実現する法案を民主党はこの国会に提出しましたが、
与党の反対で成立しません。

それを政権交代のあかつきには実現します。
 大学卒業後から30年以上、ずっと、
あしなが募金の運動の中心として募金を集め、
何千人もの高校生、大学生を藤村議員が支えてこられました。

そして、その1つの集大成が
「高校授業料、原則、無料化」の選挙公約です。

貧しい家庭の子どもたちも望めばみんな、
高校には進学できるようにしたい。という
藤村議員の人生を賭けた熱い思いがそこにはあります。

 大学生たちと2時間にわたり、話し合いをし、
政治への疑問や要望を聞き、私も自分自身の原点を改めて、
再確認させて頂きました。

今の政治がもっとも無視している問題。
それが貧困問題。子どもの貧困。貧困の連鎖の問題です。

 一方、昨日も母子加算復活作業チームの会議を行いました。
12回目。今週も与党に母子加算復活法案の衆議院での審議を
要望しましたが、拒否されました。とんでもない話です。

 昨日の会議でも、新たな問題点が出ました。
厚生労働省の一般母子家庭の収入という統計が、
母子だけの収入か、同居しているお母さんの親の収入も
含まれているか不明だというのです。

そんないい加減な統計はないでしょう。
そもそも「母子家庭調査」と言いながら、
3割も三世代同居している家庭が「母子家庭」に含まれている
こと自体、意味が不明。

そのようないい加減なデータと生活保護家庭を比較して、
母子加算の廃止を理由付けるのはおかしい。

 この間、民主党が国会に提出した母子加算復活法案の
成立を阻止するために、厚生労働省は、生活保護の
母子家庭がいかに恵まれているかを説明する資料を作成し、
配布してきました。

それが正確な資料なら良いですが、
いい加減な資料なのですから、とんでもありません。

 全く不正確な資料をもとに、母子加算が廃止され、
10万世帯、18万人の貧しい子どもが苦しんでいます。

そして、その10万世帯の母子は、
国会に苦情を言いに来る術も知らず、お金もなく、
時間もない方が多いのです。

 昨日の母子加算復活チームでは総務省に、
改めて母子家庭の実態調査を依頼しました。

 一方、ハコモノの「アニメの殿堂」
国立メディア総合芸術センターには117億円予算が
 補正予算でつきました。お台場という東京の一等地。

 しかし、しかしです。
 なんと文化庁のHPを見てみると、
 「国立メディア総合芸術センターを10月から建設する
  にあたり、その事業、施設内容、管理運営、規模など
  についてアイデア募集」と出ています。

 このセンターは、予算が117億ついたけれど、
 運営費は未定、働く人数も人件費も、採算も、
 展示内容もすべて未定。

 挙句の果てにHPでアイデア募集とは!
 いい加減にしろと言いたい。
 やる事業内容も決まっていないのになぜ、
 予算が117億円もつくのか。

 市町村議会ではあり得ない。
 だから、霞ヶ関が予算を握るとムダ遣いが減らないのです。

 その117億円があれば、
 18万人の母子加算を切られた子どもに
 今年度、月2万3000円の母子加算を復活させることができます。

 これは1つの象徴です。
 私たちはハコモノではなく、ヒトに投資したいのです。

 政治の優先順位を変えたいのです。
 おまけに、国会にも苦情を言いに来れない、
 もっとも弱い貧しい人々の予算を真っ先に切るという、
 その今の政治の冷たさが私は許せない。

 日本の母子家庭の60%が貧困ライン以下の生活を強いられ、
この割合は先進国1です。

また、日本の自殺率はアメリカの2倍、
イギリス、インドなどの3倍です。
経済的理由の自殺、若者の自殺が増え、年間3万人を超えています。

 人間を大切にする政治。
人間に投資する政治に転換せねばなりません。

 いま若者の半数以上が非正規雇用。
しかし、安定した雇用でなければ、いつクビになるか
わからなかったら、落ち着いて良い仕事などできません。

安定雇用こそ生産性向上と、
日本の産業の立て直し、社会の立て直しに必要不可欠です。

 来週は政治の大きな山場です。
人間を大切にする政治に向けて戦います。

 なお、明日土曜日朝8時半から
ポスト麻生を狙う舛添大臣と共に
下記のテレビに生出演します。ご笑覧ください。

ちなみに、舛添大臣就任2年間で、
最も多く舛添大臣に国会質問をした議員が私です。
山井和則

----

与謝野財務大臣などは、
民主党の政策を「財源がない」といって批判する。

私は繰り返し、問題は政策の優先順位づけであり、
それを抜きにした財源論は不毛であると主張してきた。
http://apc-st.seesaa.net/article/114571656.html


今回のアニメの殿堂騒動で、私の主張の正しさも一層明らかになったと思う。

確かに、与謝野氏などが言うように、国の予算というものは、
打ち出の小槌を振れば、無尽蔵にお金が湧いてくるわけではない。
社会保障、福祉、教育などが大事と言えども、
無限に予算を使うようなことはできまい。


しかし、そう主張するのであれば、
まず政府与党が率先垂範し、無駄な予算を省くべきであろう。

事業計画すらない状態でアニメの殿堂に100億円を超える予算を付ける。
このようなことをしていては、財源論で野党を批判しようと説得力に欠ける。

アニメの殿堂をやめれば、もっといいことができるであろう。
おそらく、アニメの殿堂は氷山の一角にすぎないのであろう。

国民はそう考えるに違いないのである。

あるいは野党は、やろうと思えば、
「与党も無駄遣いをしているじゃないか」というエクスキューズを
もってして、無駄な予算を組むマニフェストを作れるかもしれない。

----

私は二大政党論者ではないが、
残念ながら今の政治は二大政党制に近づきつつある。

しかし二大政党制は、片方の政党が弛緩すれば、
もう片方の政党も弛緩する。
「あちらより少しだけマシ」なら構わないのだから。


その意味でも、自民党には奮起を望む。
アニメの殿堂の予算は見直されるべきである。

----

人気ブログランキング
クリックによる声援をいつも送っていただき、ありがとうございます。
posted by socialist at 07:20 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123251277
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。