2009年09月06日

風は穏やかに凪いでいる

「民主党はもっと勝っても罰は当たらなかった」と私が述べるのは、
何もひねくれて言っているわけではない。

個別の地域の前に、空中戦/地上戦でいうところの空中戦の面から述べよう。

自民党の政権運営や選挙戦術があまりにも悪かったし、
後述するように自民党の「地盤」が崩壊しているから、
「政権交代」を旗印にすることで、勝つことは勝てた。

けれども、「民主党への風」は吹かせられなかったという状況であろう。
吹けば、民主党はもっと勝ったはずである。

「小沢ガールズ」は優れた戦略ではあった。
彼女らは空中戦に貢献したし、候補者としても強力であったし、
議員としても期待してよい面々であろうと私は思う。

しかし、それによって起きた風は小泉旋風やオバマフィーバーとは比較にもならないし、
新政権への国民の視線も、私の予想以上に懐疑的であり、鳩山政権は多難な船出となる。

なぜ、民主党フィーバーが起きていないのか。

高速無料化などの政策があまり国民に理解されていない、
誰もが期待する目玉政策が出せてない、メディアが味方になっていないなど、色々な要素がある。

しかし民主党はもっとうまくやれば、ブームを作れたのではないかと思う。

よく「風に乗って民主党大勝」と言われているが、
私は、その表現は正しくないと考えている。

風は、穏やかに凪いでいる。


「風」は凪いでいたけれども、「大地」のほうが動いて、政権交代が起きた。

それは言うまでもなく自公政権への国民の怒りであり、穏健保守層の離反である。
マスコミが作る「風」ではない。大きな大きな「地殻変動」が、
1955年以来の「戦後レジーム」を終焉せしめたのである。


また、より「選挙戦略」という視点にひきつけて考えるならば
小沢一郎が色々と動いて農家など自民党の組織票を離反させたこともあるし、
なにより、下野することが明らかな自民党に利権を期待することはできない。

そのような理由で自民党の支持基盤、利益誘導のシステムは崩壊したわけだが、
それにしては、いくつかの選挙区で民主党は保守地盤の壁に阻まれている。

「もともと無理な選挙区だった」と言える小渕優子や安倍晋三の選挙区は別としても、
古賀・森・福田などの選挙区は民主党としても「象徴的な選挙区」として重視し、
強力な候補者を擁立した。

最初は「大物を選挙区に張り付ける」という目的であったかもしれない。
しかしその後状況は変わった。途中、勝てる展望が見えた時期もあったのである。

ただ、結局は、惜しくも及ばなかった。

利益誘導がなければ何の魅力もなさそうな男たちだが、
長年のしがらみを活用して巻き返したのか、それとも民主党が緩んだか。
あるいは、やはり活動の期間が足らなかったのかもしれない。


また、地域としては、北陸、山陰、四国などに関しては民主敗北といってよい。
とくに四国は参院選の全勝からうって変わっての敗北であるから、
候補者の選定、選挙戦術などに問題はなかったか再検討が必要かもしれない。

----

人気ブログランキング
クリックによる声援をいつも送っていただき、ありがとうございます。
posted by socialist at 23:21 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。